肺機能検査|肺活量といった数値を測定し、肺に起きている病変を探知できる

肺機能検査とは

肺機能検査とは、肺活量といった数値を測定することによって、肺に起きている些細な病変を探知できることが出来る検査です。

目的は、その人が持っている肺活量といったこと、空気の換気機能を主に検査していきます。

今回は、そのこの検査に使用する機械と検査項目に関して紹介いたします。

肺活量に関して、使用する機械はスパイロメーターです。

この機械の特徴は、吐いた息によってメモリが動き、空気によってメモリが動きます。

メモリの数値を読み取ることで、その人の肺の中にどれだけの空気を持つことができるか、吐き出す筋力量を知られべるのです。

その提示には、ノーズクリップで鼻から空気がもれないようにして、マウスピースを加えます。

最初の息ではなく、吐ききる練習を行ったあとに一度大きく息を吐き、大きく息を吸って、更に息を吐きます。

基本2~3回繰り返した時の平均値が測定値になるのです。

次に、測定するスパイロメーターの項目に関して紹介いたします。

肺活量は、どれだけ多くの息を吐き出したかという項目です。

一秒量とは、一秒間にどれだけの空気を吐き出すことができたかという数値になります。

残存量とは、肺に残っている空気の量に関してです。

こうした主な意味は、肺活量は肺に穴が空いている場合や炎症がある場合は数値が低下して、息苦しいといった自覚症状がある場合が多いのです。

一秒量は、肺の中に存在する空気の押し出す横隔膜といったものに関する炎症や肺の気管支に近い部分に炎症があり軌道が細い場合は、基本的に数値が下がります。

残存量が多い場合は、肺自体の組織に炎症がある場合で、空気を押しきれていない状態、少なすぎる場合は、気胸と言った病気で空気が肺から漏れでていることが多いのです。

こうした肺に関する炎症は、徐々に進行していくために、自覚症状がない場合が殆どで、即手によって自覚症状を認識する場合が多いのです。

30代以降に是非、定期的に受けておきたい検査であり、幼少期に喘息を持っている方は要注意の項目の検査です。