性感染症の解説(主な病原体、感染経路、症状など)

性感染症と一言で言っても、種類も多くあらゆる人に感染する可能性がある恐ろしい病気です。

感染症によっては、ほとんど症状が無いこともありますが少しでもおかしいなと思ったら早めに病院で検査してもらうことが大切です。

性感染症と聞いてすぐに思い浮かぶのは、エイズだと思います。

ヒト免疫不全ウイルスが病原体で、潜伏期間は数ヶ月から数年と比較的長めです。

今のところ、エイズそのものに効く薬は無く、菌の増殖を抑えることしかできません。

急な体重減少や発熱、リンパ腺の腫れが主な症状で、免疫機能が破壊されてしまう病気です。

性行為で伝染りますが、コンドームの使用で防ぐことができます。

他には、クラミジア感染症やトリコモナス症等があります。

クラミジア感染症は性行為によって感染し、クラミジア・トラコマチスという菌が原因です。抗生物質の服用が主な治療法ですが、何度でも感染するので自分だけではなくてパートナーと一緒に治療することが大切です。

男性は、頻尿や排尿痛、ペニスから異常な分泌液が出るのが症状ですが、女性はほとんど症状がありません。

トリコモナス症は、トリコモナス原虫が原因で起こる病気で薬の内服で治療します。男性には目立った症状は出ませんが、女性は性交時の痛みや出血、おろものに異臭があったり外陰部が赤くただれるのが主な症状です。この病気は、濡れてタオルや下着、便座から感染する可能性があります。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、淋病という性感染症もあります。

これは、淋菌という菌によって起こる病気で主な治療法は抗生物質の服用です。

他の感染症と同じく性行為によって伝染りますが、女性の場合は出産時に母から子へ伝染るのが大きな特徴です。

男性は痒みがあったり、排尿痛や血尿があり、女性は黄色いおりものが出るのが症状ですが、男性よりも症状が軽い傾向があります。

これら以外にも、カンジダ症、性器ヘルペス、尖形コンジロームといった感染症がありますが、いずれも性行為が大きな原因です。

自分の体を守る為にもできるだけ、コンドームを使うようにすると感染の可能性を下げることができます。